WEB予約

入れ歯治療

入れ歯治療とは

ご自身に合った入れ歯(義歯)を着用することは、食事や会話を楽しむ上でとても大切なポイントです。歯が抜けたままの状態や、お口に合っていない入れ歯を使用していると「食べ物の消化不良」「残った歯の虫歯や歯周病の原因」「発音しにくくなる」など、さまざまな悪影響が出ます。
また、入れ歯(義歯)を装着することを敬遠していても、噛み合わせのズレなどを始めとした、他のリスクも生じてしまいます。

入れ歯治療というと「硬いものが食べられない」「すぐに落ちる」「古くさい」「見栄えが悪い」等マイナスなイメージを持たれる方がたくさんいらっしゃいますが、近年の入れ歯は精度も良く、丈夫で審美性にも優れています。

当院では、患者様それぞれにあった入れ歯治療をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

入れ歯の種類

部分入れ歯

失われた歯の周囲に支えとなる歯がない場合や、ブリッジ治療を避けたい場合に用います。自分の歯の代わりとなる人工歯と、粘膜の上に乗る歯茎と似た色の床(しょう)、これらを残っている歯に固定するためのクラスプ(留め具)から構成されています。
取り外し式の部分入れ歯を歯肉の上に直接置き、入れ歯を支えるために、天然の歯にクラスプ(留め具)をかけて固定します。

スマートデンチャー 金具のない入れ歯であるスマートデンチャーは、取り外しが可能な入れ歯です。
歯をくるむ樹脂は柔らかく破折に強い素材のため、非常に割れにくく、歯肉の色調と同化するので装着していても目立たないのが特徴です。
金属床 土台(床)の部分が金属で出来ている部分入れ歯です。保険のものと比べて薄くて軽い入れ歯をつくることができます。
違和感が少ないだけでなく、金属の優れた熱伝導率により食べ物の熱さ、冷たさも、しっかりとお口の粘膜に感じることができます。また、適度な密着感により会話も楽になります。

総入れ歯

大部分の歯が失われた場合に用いるタイプです。自分の歯の代わりとなる人工歯と、粘膜の上に乗る歯茎と似た色の床(しょう)から構成されています。歯茎や粘膜で入れ歯を固定します。
「総入れ歯には違和感がある」というイメージをお持ちの方もいますが、現在の総入れ歯は大変精巧になっていて違和感なく噛むことでき、食事も問題なく楽しむことが出来ます。

金属床 土台(床)の部分が金属で出来ている総入れ歯です。丈夫で長期使用でも割れにくく、熱も伝わりやすいため、食べ物や飲み物の熱さや冷たさをそのまま感じることができます。
また、非常に薄いため違和感が少なく喋ることができます。

合わない入れ歯を
使用することの悪影響

  • 悪影響① 歯周病・虫歯の原因

    ご自身にピッタリと合う入れ歯(義歯)を着用していないと、普段のブラッシングなどのホームケアが行き届きにくくなってしまいます。
    その結果、食べ物の残りカスがつまりやすい場所や、プラークが溜まりやすい場所が発生しやすくなってしまい、歯周病や虫歯の原因になる場合があります。

  • 悪影響② 肩こり・腰痛・頭痛

    入れ歯(義歯)がご自身のお口に合っていない状態のままでいると、歯の噛み合わせに大きく支障が出てきます。
    噛み合わせが悪くなった状態を放置すると、顎の位置がズレて体全体のバランスが歪み、肩こり・腰痛・頭痛などの症状を引き起こす原因の1つとなります。

  • 悪影響③ 胃などへの負担

    ご自身に合っていない入れ歯(義歯)を着用していると、物を噛む力が極端に低下してしまい、食べ物が上手く咀嚼できなくなります。
    咀嚼が上手くできないことで結果として、胃腸などの消化器官が本来の役割を十分に果たすことができなくなり、負担がかかってしまうのです。

  • 悪影響④ 話しづらい

    使用している入れ歯(義歯)がピッタリと安定していないと、会話をしているときに入れ歯が浮いたり、ズレてしまうことがあります。
    また、ひどい場合だと歯ぐきに当たって痛みを伴うケースもあります。そのため会話が楽しめなくなり、人と話すことに対して消極的になってしまうことがあります。

入れ歯の定期検診

入れ歯は歯の代わりをするものですので、人によっては一生つきあっていくものになります。
そのため毎日のお手入れが大切になりますが、ホームケアだけではどうしても取れにくい汚れが残ってしまいがちです。入れ歯についた汚れを放置しておくと、歯周病や虫歯の原因になりますし、口臭の原因にもなります。
また、間違った形で装着された状態が続いてしまうと、徐々に歪んできたり、変形してしまうことがあります。場合によっては入れ歯自体が壊れることもあります。

できるだけ長く入れ歯をお使いいただくためには、入れ歯自体を毎日正しい方法で洗浄して清潔にお使いいただくことと、お口の健康状態を維持するためのブラッシングなどのケアも大切です。

当院では、入れ歯を快適に使い続けて残った歯を守っていただくために、定期的にご来院いただいて入れ歯のメンテナンスと、お口の検診やプロフェッショナルケアを受けることをおすすめしております。

ページトップへ戻る